Download List

Project Description

Separate+ is the plug-in package that provides some useful color-management functions for the GIMP. Separate+ contains following components: separate : RGB to CMYK conversion / Softproofing plug-in icc_colorspace : RGB to RGB conversion / Profile management plug-in IccButton : Color profile selector widget for Gtk+ (experimental)

Released at 2010-06-15 11:52
separate-plus 0.5.8

Name Size MD5 Date Download count
separate+-0.5.8+lcms2_win32_bin.zip 296.3 KB
40d501c63ee3dc929bcc749eea8489ab
2010-11-09 12:58 49757
separate+-0.5.8.zip 266.7 KB
442e546bb451ab7450ddca79e36e21e8
2010-11-09 12:58 100559

Release Note

Major changes

  • Enable to separate a layer containing the alpha channel and to create transparent TIFF files.
  • Support Little CMS version 2 (lcms2). When you build, you can choose either version 1.x (lcms) or lcms2.
  • Change the design of Profile selection dialog to let you know the information of the profile in detail.
  • Fix a problem that the deficiency of data check when the name acquisition of ICC profiles may cause a crash from altered ICC profiles.
  • Fix a problem that a x86_64 binary crashes in Mac OS X.

Notes

Limitations about the version of Little CMS

Some of the contents of the information indication of the profile in Profile Choice dialog are different between when you use lcms and when you use lcms2.

In addition, dithering is not available currently in lcms2.

Limitations about the export of transparent images

It is only to TIFF format that you can export transparent images containing the alpha channel.

JPEG format images cannot contain the alpha channel. In addition, because Photoshop PSD format requires outputting the data structure of the layer, the support was postponed this time.

Win32 binaries

Win32 binaries files for lcms and lcms2 were included in the beta release, but only for lcms is included in the final version. The binaries for lcms2 should be downloaded separately.

主な変更点

  • アルファチャンネルを持つレイヤーを分解し、透過TIFFファイルを作成できるようになりました。
  • Little CMSのバージョン2(lcms2)に対応しました。ビルドの際にバージョン1.x(lcms)かlcms2のいずれかを選択できます。
  • ICCプロファイル選択ダイアログのデザインが変更され、プロファイルの情報がより詳細に分かるようになりました。
  • ICCプロファイルの名称取得時のデータチェックに不備があり、細工を施したICCプロファイルによってクラッシュなどを引き起こす可能性があった点を修正しました。
  • Mac OS Xでx86_64バイナリがクラッシュしてしまう不具合を修正しました。

注意事項

Little CMSのバージョンに関する制限

lcmsを使用する場合、プロファイル選択ダイアログにおけるプロファイルの情報表示の内容がlcms2を使用する場合と一部異なります。

また、現在のところlcms2ではディザを利用できません。

透過画像の書き出しに関する制限

アルファチャンネル付きの透過画像を書き出しできるのはTIFF形式に限られます。JPEG形式はアルファチャンネルを含むことができません。また、Photoshop PSD形式はレイヤーのデータ構造を出力する必要があるため、今回は対応が見送られました。

Win32バイナリ

ベータ版ではlcms用とlcms2用のWin32バイナリが同梱されていましたが、正式版はlcms用のみとなります。lcms2用バイナリは別途ダウンロードする必要があります。

Changelog

beta1
  • IccButton:プロファイル選択ダイアログのリストにおいて、プロファイルの種類を表すアイコンでソートできるようにした
  • IccButton:プロファイル選択ダイアログにリストで選択したプロファイルの詳細情報を表示するようにし、代わりにリストの列を一部削除した
  • メッセージカタログを更新
alpha3
  • ビルド時にLittle CMSの1.xを使用するか2.xを使用するかを選択できるようにした
  • プロファイルのDescriptionを取得する際の、データのオフセットや長さのチェックを強化した
  • separate_import:不要なLittle CMSのAPI呼び出しを削除し、Litle CMSの共有ライブラリ・DLLへの依存をなくした
alpha2
  • separate_import:ファイルダイアログをtransientに設定し、Alternative Button Orderに対応
  • separate_import:ファイルダイアログにTIFF形式のフィルタを追加
  • separate_import:アルファ付きTIFFの読み込みに対応
  • アルファ値をコピーしたチャンネルが非表示の場合には従来と同じ動作になるように変更
alpha1
  • スペイン語のメッセージカタログを追加
  • 分解時にアルファ値をコピーするようにした
  • アルファ付きTIFFファイルの書き出しに対応
  • 擬似コンポジットのレイヤー塗りつぶし処理を自前ではなくGIMPのAPIを用いて行うようにした
  • ヘッダファイルのインクルード忘れを修正
  • プロファイル選択ダイアログをAlternative Button Orderに対応