sfjp280.png

このWikiは、SourceForge.JPの管理グループが運営しています。

今月のプロジェクト

sf.jp を利用している開発者の方に、月ごとにインタビューを行っています。

2009 年

2008 年

2007 年

Wikiガイド

最近の更新

2013-12-20
2013-10-19
2013-07-01
2013-05-09
2012-08-09
2011-09-09

今月のプロジェクト

potm_50x50.gif 2008年4月 - mod_chxj

プロジェクトの概要

国内の主要携帯(3キャリア)向けコンテンツ変換ミドルウェアをApache2.x用のモジュールとして作成します。CHTMLや通常のHTMLで作成したコンテンツを出力時にUserAgentを見てそれぞれの端末用に変換します(画像はJPG、GIF、PNGからJPG、GIF、PNG、BMPへ)。 QRコード生成機能付。

プロジェクト管理者へのインタビュー

このソフトウェアはどんなソフトウェアですか?

iモード用のコンテンツを主要3キャリア対応コンテンツ に自動で変換するApache2.x用のモジュールです。
iモード対応HTML(CHTML)を用意すればアクセスしてきた 携帯端末に応じてHTMLを変換し端末に送信します。
また、画像もアクセスしてきた携帯端末に応じて変換します。

PCサイトも無理やり携帯対応できるかもしれません。

プロジェクトを始めた動機は? また、どうやって始めましたか?

2004年夏頃に、仕事で携帯サイトを構築することになったがきっかけです。
そこで使用されていたのが、プロキシータイプの商用の変換エンジンだったのですが、

  • ちょっと触ってみるのでも有償だったということ
  • 予算上開発環境に用意することができなかったこと
  • その変換エンジン設置に某スーパーハッカーが非常に苦労していたこと
  • (自作するほうが)単純に面白そうだということ
  • Apache2.0からフィルターが使えるようになったこと

などから

  • 誰でもすぐに触ってみることができるもの
  • フリー
  • 設置にあまり苦労しない
  • 楽しむ

を目指して開発に着手しました。

このソフトウェアのターゲット・ユーザーは?

  • 3キャリア対応のウェブサイト開発に携わる方々。

このソフトウェアをどれくらいのユーザーが利用しているとお考えですか?

わかりません。直接知っているものでは2箇所あるだけです。

プロジェクトがうまく行っていると感じるのはどんなときですか?

バグ報告・ご要望・ご感想等、フィードバックをいただいたときです。

このプロジェクトをやっていて最も驚いた出来事は?

  • 本インタビュー。
  • 某国内OS周りでご活躍の、こっそり尊敬している開発者の日記に掲載されたこと。
  • ちょくちょく拝見している某オープンソース紹介サイトに掲載されたこと。
  • 日本初!の件。おかげ様で認知度が少々アップしたようです。ありがとうございます。

このプロジェクトで最も苦労している点は?

なんといっても

  • 端末テスト

です。あとは、

  • 携帯端末の情報を集めること。

でしょうか。

今後のプロジェクトの方向性は?

「android」等の新環境次第かと思いますが、

  • 現状CHTML3.0までの対応ですが、iモードのXHTMLまで対応していくこと
  • PCを3キャリアに変換することを主にしていくこと

と考えています。あとは、

  • 面白そうなら何でも

といった感じです。

どのような要望がユーザーからあがっていますか?

  • 主に対応タグを増やすこと
  • XHTML対応

といったところでしょうか。

このソフトウェアあるいはプロジェクトについて誇れるところは?

  • Apacheのモジュールとしては、日本初っぽいところ。

このプロジェクトでどこかやり直せるとしたら、どこを変更したいですか?

CHTML3.0を変換元にしてしまったところ。最初から通常のHTMLを変換対象にすればよかったかもしれません。

あなたの本業は何ですか?

プログラマ。株式会社QSDN代表取締役。最近はJavaやらで携帯サイトを作ることが多いです。

あなたの開発環境は?

主環境はsidから無理やり「apt-get dist-upgrade」した壊れたDebian etchです。

バージョン・ヒストリー:

のとおりです。

このプロジェクトに貢献するには?

  • 使っていただけると非常に嬉しいです。
  • ご感想・ご要望・バグ報告等フィードバックも非常に嬉しいです。
  • もちろん開発者、テスター、端末データの更新してくれる方も大歓迎でございます。
  • というよりも、我々がまず貢献できたら幸せです。

SourceForge.jpへの要望をお聞かせください。

  • CVS/Subversionだけじゃなく、Gitも対応してほしいです。

今後ともよろしくお願いいたします。

(取材日:2008年4月8日)


記事へのご感想をお寄せください。

:

今月のプロジェクトに戻る