Project Description Development Info Web Page Review this project

This project is for developing a hypervisor(VMM) which assign cpu, memory and I/O in personal computer(PC) to VMs, and allow OS controling them. OSs work without host OS.

The first milestone is that two OSs work in one PC. The second milestone is that they reboot individually. The milestones are achieved in Jan. 2014 and TinyVisor 1.0 is released.

Linux, Windows and FreeBSD are working.

The VMM is based on BitVisor(BSD license), A AML interpriter and some functions of standard library are ported from NetBSD and FreeBSD.

The Guest BIOS is based on SeaBIOS(GPL).

Install

このページではTinyVisorをインストールし、VMを1個作成し、OSを起動する手順を説明します。 インストール作業はLinux (x86_64)上で行います。TinyVisorはBIOS環境とUEFI環境のどちらにもインストールすることが... Show Howto Install

Usage

このページでは、PC内に2個のVM(VM0とVM1)を作成し、それぞれのVMでOSを動作させる手順を説明します。 あらかじめ、VM1に割り当てるためのHBA(AHCIカードなど)とHDD、NIC、ビデオカード、ディスプレイ等を用意し... Show Usage

Download

Review
Your rating
Review this project

Statistics

Recent Activities

2015-04-19
23:44
TinyVisor
[Ticket] Add Comment on ticket #34769
r328 で PciBusNoEnumeration を使うようにして、PCI デバイスに対し割り当て済みのリソースを変更しな...
23:40
TinyVisor
[SVN] Commit revision 328
PCI デバイスに対し割り当て済みのリソースを変更しないようにする。 #34769 参照
22:15
TinyVisor
[Ticket] Add Comment on ticket #34769
Assert に失敗する直前のメッセージを出力している関数を調べてみました。 > PCI Bus First Scanning...
19:51
TinyVisor
[SVN] Commit revision 327
UEFI: fw-cfg の signature "VMMV" に対応した。fw-cfg の index 0x1 4byte interface version がなくて...
17:27
TinyVisor
[Ticket] #34769: Update details
Show history