Project Description Development Info Web Page Review this project

パソコン(PC)に内臓されているCPUとメモリ、I/Oを分割して各VMに割り当て、OSにそれらを直接制御させることで、ホストOSなしで各OSが独立して動作可能なHypervisor(VMM)を開発するプロジェクトです。

最初の目標は、ひとつのPCでふたつのOSを動作させること、次の目標は各OSを個別に再起動可能にすることでしたが、2014年1月にこれらの目標を達成し、1.0をリリースしました。

OSは、Linux、Windows、FreeBSDが動きます。

VMMはBitVisor(BSDライセンス)をベースとし、AMLインタープリタや標準ライブラリの一部の関数をNetBSDやFreeBSDから移植しています。 Guest BIOSはSeaBIOS(GPL)をベースとします。

Install

このページではTinyVisorをインストールし、VMを1個作成し、OSを起動する手順を説明します。 インストール作業はLinux (x86_64)上で行います。 次の2つのインストール方法があります。 A. Linuxのファイルシステ... Show Howto Install

Usage

このページでは、PC内に2個のVM(VM0とVM1)を作成し、それぞれのVMでOSを動作させる手順を説明します。 あらかじめ、VM1に割り当てるためのHBA(AHCIカードなど)とHDD、NIC、ビデオカード、ディスプレイ等を用意し... Show Usage

Download

Review
Your rating
Review this project

Statistics

Recent Activities

2014-10-13
22:29
TinyVisor
[SVN] Commit revision 292
xHCI を VM0 に割り当てた場合は、USB2 port を xHCI へ接続する設定を行わないようにした。
21:35
TinyVisor
[Ticket] Add Comment on ticket #34391
[comment:7107:34391:1413192648 yuichi_xy] への返信 > 次のメッセージが出力されてストールしました...
18:30
TinyVisor
[Ticket] Add Comment on ticket #34391
r291 で、 OS が IOMMU へアク セスできないようにしました。 Fedora 20が次のようなエラーメッセージ...
17:17
TinyVisor
[SVN] Commit revision 291
OS が IOMMU へアクセスできないようにした。 #34391 参照
17:00
TinyVisor
[Ticket] Add Comment on ticket #34391
UEFIで起動した場合、VMMがACPIテーブルのsignatureを書き換えても、Fedora 20を起動したタイミングでは...
Show history