Download List

Project Description

Tera Term is Tera Term Pro 2.3 succession version and is being officially recognized by the original author. Tera Term is open source free software terminal emulator supporting UTF-8 protocol. Now TTSSH supports SSH2 protocol (Original version supports SSH1).

Released at 2011-08-31 22:03
Tera Term 4.71

Name Size MD5 Date Download count
teraterm-4.71.exe 10.4 MB
312fc7c180c7a3d2c31ccde8246a5c2c
2011-08-31 22:04 124071

Release Note

No Release Notes

Changelog

TeraTerm

2011.8.31 (Ver 4.71)

  • Changes
    • When the OSC string includes a control sequence, the control sequence can be procedured.
    • Eterm look-feel: The wallpaper file format can support any format other than BMP on Windows Vista or later.
    • "getpassword" macro command is updated.
      • The result of the command execution is stored in the system variable "result".
    • "strspecial" macro command is updated.
      • added the second argument as the converted string on the strspecial command.
    • added the "expandenv" macro command.
  • Bug fixes
    • The log file which name length is 80 bytes over can not be opened.
    • When the meta key is enabled, the Control and Meta key is redundantly inputed.
  • Misc
    • upgraded TTSSH version supporting SSH2 to 2.58

TTSSH

2011.8.31 (Ver 2.58)

  • Changes
    • added Camellia128-CBC, Camellia128-CTR, Camellia192-CBC, Camellia192-CTR, Camellia256-CBC, Camellia256-CTR symmetric key cipher algorithm for SSH2 protocol.
    • added support for SSH2 MAC algorithms: hmac-sha2-256, hmac-sha2-256-96, hmac-sha2-512, hmac-sha2-512-96
    • added the PuTTY version on the version dialog.
    • removed the random initialization because it takes a long time to connect.
    • The timestamp of the log file is recorded on the millisecond time scale.
  • Bug fixes
    • When the IPv4 fallback is occurred, the SSH connection may fail.
    • When the window size change is notified, the right window size(pixel) can be reported.
  • Misc
    • upgraded PuTTY to 0.61

TeraTerm

2011.8.31 (Ver 4.71)

  • 変更
    • OSC 文字列中に制御シーケンスが含まれていた時にその制御シーケンスを解釈するように変更した。
    • Eterm look-feel: Windows Vista以降において、壁紙がBMP形式以外にも対応した。
    • マクロコマンド "getpassword"を機能アップデートした。
      • コマンドの実行可否を"result"システム変数に格納するようにした。
    • マクロコマンド "strspecial" を機能アップデートした。
      • 変換する文字列を strspecial コマンドに、第2引数として指定できるようにした。
    • マクロコマンド "expandenv" を追加した。
  • バグ修正
    • ファイル名が80文字以上のログファイルを作成できない問題を修正した。
    • メタキー設定を有効にしている時、Control+Meta キー入力がダブる場合があったのを修正した。
  • その他
    • SSH2対応TTSSH(2.58)へ差し替えた。

TTSSH

2011.8.31 (Ver 2.58)

  • 変更
    • SSH2 の共通鍵暗号方式に Camellia128-CBC, Camellia128-CTR, Camellia192-CBC, Camellia192-CTR, Camellia256-CBC, Camellia256-CTR を追加した。
    • SSH2 の MAC アルゴリズムとして hmac-sha2-256, hmac-sha2-256-96, hmac-sha2-512, hmac-sha2-512-96 をサポートした。
    • バージョンダイアログに、PuTTYのバージョンを表記するようにした。
    • 接続時に時間がかかるため、省略できる乱数の初期化を削除した。
    • ログファイルのタイムスタンプをミリ秒まで記録するようにした。
  • バグ修正
    • IPv4 フォールバックしたときに SSH 接続が無効になることがある問題を修正した。
    • ウィンドウサイズ変更通知で、正しいウィンドウサイズ(ピクセル数)を通知するように修正した。
  • その他
    • 使用する PuTTY を 0.61 へ差し替えた