Download List

Project Description

オープンソースのオフィスソフトであるOpenOffice.orgを独自にビルドし、配布・検証・開発を行うプロジェクトです。
OpenOffice.org Japanese Localized Version for Linux
OpenOffice.org Solver Japanese Localized Version

Released at 2010-03-28 13:37
Furigana Extension 0.6

Name Size MD5 Date Download count
furigana_0.6_Windows.oxt 739.2 KB
deaf6d1903e4956ab11f073dfee24e63
2010-03-28 16:37 3677
furigana_0.6_Linux_x86.oxt 373.2 KB
76e054c33f62abe1992743d8e111165b
2010-03-28 16:37 731

Release Note

MeCabライブラリ(Version 0.98)を同梱したバージョン。
HEPBURN()、J2HEPBURN()関数は一部の地名などにおいて一般に表記されている表記と異なる結果を返すことがある為、パスポートなどの公式文書でのご利用には向きません。

Changelog

1. OSとIMEの組み合わせによってはText Service Frameworkによる互換性のサポートがない為に
クラッシュする場合がある事と、取得結果が異なる場合もある事を考慮し、IMM32 APIを
利用したふりがな取得を廃止しました。
2. 0.6では再びLinuxに対応させました。
3. ヘボン式ローマ字への変換の際に長音の識別と処理に問題があった為、長音の識別と処理については
何も処理をしないように変更しました。
4. 全角カタカナからは長音の識別が困難である事から、漢字かな混じり文をMeCabライブラリを利用して、
発音を取得し長音を「ー」に変換した上でヘボン式ローマ字に変換する「J2HEPBURN」関数を追加しました。
5. カタカナ文字あるいはそれ以外を指定して、全角もしくは半角に変換する、「A2J」、「J2A」関数を追加しました。