Develop and Download Open Source Software

AkelPad

How to use AkelPad

インストール・初回起動直後に、alt+p(または、メニューからoptions-plugins)でplugins ダイアログを開き、contextmenu:main プラグインだけは有効化しておこう。なにげに便利だから。あと、追加で必要なプラグインは、おおむねメッセージを通じて教えてもらえる。

英文ユーザマニュアルのざっと翻訳。
ぶっちゃけ、機械翻訳とどっこいのレベルだから、覚悟して読むこと。
誤記や誤訳の類は、さっさと直してくれたら大歓迎だ。
対訳形式にしてあるので、検証は容易なハズ。

AkelPad 4 - User's Manual
AkelPad 4 - ユーザーマニュアル

Contents:
目次:

1. Compatibility
動作環境
2. General remarks
一般事項
3. Features
機能
4. Command line parameters
コマンドラインパラメータ
5. Manual settings
マニュアル設定
6. Keyboard commands
キーボードコマンド
7. Internal commands
内部コマンド
8. License
ライセンス
9. Contributors
貢献者

Compatibility
動作環境

Programs is intended to work under Windows 95/98/Me
and Windows NT 4.0/2000/XP/2003/Vista/Seven.
このプログラムは、Windows 95/98/Me と
Windows NT4.0/2000/XP/2003/Vista/Seven で動作します。

General remarks
一般事項

Notepad is a wonderful editor,
being used to edit files in plain text format,
thus it is irreplaceable for programming,
designing of Web documents, and so on.
ノートパッドはプレーンテキストを編集するには、すばらしいエディタです。
プログラミングや、Web デザインなどに便利に使うことが出来ます。

However, the one comprised in Windows,
is very inconvenient due to several limitations.
しかし、Windowsに起因する、いくつかの不便な制限が存在します。

This program claims to be able to fill up these drawbacks.
このプログラムは、それらの欠点をなくすことを目的としています。

Attention:
注意:
this program takes a lot of advantages from Unicode representation.
このプログラムは、ユニコードから多くの利点を得ています。

It is strongly recommended that you set up TrueType font
(as Courier New) to gain more advantages from this feature.
TrueTypeフォント(Courier New)の使用は、それらの利点をより多く得られるので、お勧めです。

Features
機能

As long as the program is intended to replace standard Notepad,
it's target is plain text files,
it doesn't support RTF files and so on - it isn't a drawback, it's a feature.
標準のノートパッドからの代替を意図しているので、プレーンテキストの編集を目的においています。
このプログラムは、RTF ファイルなどをサポートしません - このことは欠点ではなく、機能です。
(*** giveup! *** オプショナルな追加機能として RTF をサポートするという意味か、
それが意図した動作なのだ と言いたいのか、よくわからず *** )

Brief description of general features:
主要な機能の短い説明:

* Single window (SDI), multi-window (MDI)
and pseudo multi-window modes (PMDI);
* 単一ウィンドウ(SDI)、マルチウインドウ(MDI)、および擬似マルチウインドウモード(PMDI);

* Full support of Unicode strings on Unicode systems
(NT/2000/XP/2003/Vista/Seven);
* ユニコード文字列の完全なサポート(NT/2000/XP/2003/Vista/Seven);

* Support of Unicode codepages
(UTF-8, UTF-16LE, UTF-16BE, UTF-32LE, UTF-32BE);
* ユニコードコードページのサポート
(UTF-8、UTF-16LE、UTF-16BE、UTF-32LE、UTF-32BE);

* Support of any codepage installed in the system;
* システムにインストールされた全てのコードページのサポート;

* Support of DOS/Windows, Unix and Mac newline formats;
* DOS/Windows、Unix、およびMac の改行コードをサポート;

* Preview file open;
* 開くファイルのプレビュー;

* Correct pseudographics displaying;
* 正確な擬似グラフィックス表示;

* Column text selection;
* カラムテキスト選択;

* Multi-level undo;
* 複数アンドゥ;

* Fast search/replace text strings;
* 高速な検索 / 置換機能;

* Remember file codepage and caret position;
* コードページとカーソル位置の保持;

* Printing of a document and print preview;
* 印刷と印刷プレビュー;

* Support of language modules;
* 言語モジュールのサポート;

* Plugins support
* プラグインサポート
(syntax highlighting, folding, auto-completion,
scripts execution, keyboard macros and much more).
(シンタックス強調、折りたたみ、自動補完、スクリプト実行、キーボードマクロ、およびその他の機能)。

Command line parameters
コマンドラインパラメータ

AkelPad.exe parameters "file1.ext" parameters "file2.ext" parameters ...

* /x
don't use MS Notepad compatibility mode
when parse command line parameters.
コマンドラインパラメータ解析時に、MSノートパッド互換モードを使わない。

* /p
print next file and close it.
次のファイルを印刷した後に閉じる。

* /C+
silently create new file, if doesn't exist.
指定ファイルが存在しない場合、無条件で新しいファイルを作成する。

* /C-
don't create new file, if doesn't exist.
指定ファイルが存在しない場合、新しいファイルは作成しない。

* /C
ask for new file creation, if doesn't exist (by default).
指定ファイルが存在しない場合、新しいファイルを作成するかどうか問い合わせる(デフォルト)。

* /B+
silently open file, if binary.
指定ファイルがバイナリファイルだった場合、無条件に開く。

* /B-
don't open file, if binary.
指定ファイルがバイナリファイルだった場合、ファイルを開かない。

* /B
ask for file open, if binary (by default).
指定ファイルがバイナリファイルだった場合、ファイルを開くかどうか問い合わせる(デフォルト)。

* /L+
silently save file,
even if symbols will be lost in specified encoding.
指定エンコードに含まれないシンボルがあった場合でも、無条件にファイルを保存する。

* /L-
don't save file, if symbols will be lost in specified encoding.
指定エンコードに含まれないシンボルがあった場合、ファイルを保存しない。

* /L
ask for file save,
if symbols will be lost in specified encoding (by default).
指定エンコードに含まれないシンボルがあった場合、ファイルを保存するかどうか問い合わせる(デフォルト)。

* /Z
ignore next command line parameter.
次のコマンドラインパラメータを無視する。

* /reassoc
reinstall assigned earlier associations of file types.
事前に、ファイル種類に割り当てられた設定を再インストールする。

* /deassoc
uninstall assigned earlier associations of file types.
事前に、ファイル種類に割り当てられた設定をアンインストールする。

* /quit
stop parsing command line parameters and close program.
コマンドラインパラメータ解析を停止し、プログラムを終了する。

* /end
stop parsing command line parameters.
コマンドラインパラメータ解析を停止する。

Methods:
実例:

* /OpenFile("file", OpenCodepage, OpenBOM)
"file"
File to open.
開くファイルの指定
OpenCodepage
Open codepage.
コードページ指定
If -1 or not specified, it will be autodetected.
-1指定 か 無指定 の場合は、自動検出。
OpenBOM
File byte order mark.
ファイルのバイトオーダーマーク。
If -1 or not specified, it will be autodetected.
-1指定 か 無指定 の場合は、自動検出。

/OpenFile("C:\File.txt", 65001, -1)
method opens file in UTF-8 codepage.
C ドライブのルートにある、File.txt というファイルを、UTF-8 で開きます。

* /SaveFile("file", SaveCodepage, SaveBOM)
"file"
Save current document to a specified file name.
現在の文書を保存するファイル名。
SaveCodepage
Save codepage.
保存時のコードページ指定。
If -1 or not specified, current codepage will be used.
-1指定 か 無指定 の場合は、現コードページを適用。
SaveBOM
File byte order mark.
ファイルのバイトオーダーマーク。
1 - exist,
1 - バイトオーダー有り
0 - doesn't exist,
0 - バイトオーダー無し
-1 or not specified - current BOM will be used.
-1指定 か 無指定 の場合は、現バイトオーダーを適用。

/SaveFile("C:\File.txt", 65001, 0)
method saves file in UTF-8 codepage without BOM.
編集中のドキュメントを、バイトオーダー無し、UTF-8 で、
C ドライブのルートにある、File.txt というファイルに保存します。

* /Command(InternalCommand)
/Command(4162)
method calls the internal command at number 4162.
内部コマンド 4162 を呼出。

* /Call("Plugin::Function", parameters)
/Call("Scripts::Main")
method calls Scripts plugin and Main function.
スクリプトプラグインのメインファンクションを呼出。

* /Exec("command line", working directory, Wait)
"command line"
Command line string.
コマンドライン文字列。
"working directory"
Working directory string. Default is "".
作業用ディレクトリ。 デフォルトは "" です。
Wait
Wait until the program finishes.
プログラム終結まで待機するかどうかの指定。
1 - wait, 0 - return immediately.
1 - 待機。0 - 即時リターン。

/Exec("notepad.exe")
method calls notepad.
ノートパッドを呼出。

/Exec(notepad.exe)
method calls notepad.
ノートパッドを呼出。

/Exec('notepad.exe')
method calls notepad.
ノートパッドを呼出。

/Exec('%windir%\notepad.exe')
method calls notepad.
ノートパッドを呼出。

/Exec(rundll32.exe shell32,ShellExec_RunDLL "%%f", "%%d")
method pass an active file for opening on Windows association.
現在開いているファイルを、Windows で関連付けられたアプリケーションで開く。

* /Font("FaceName", Style, Size)
"FaceName"
Font face, for example, "Courier". Unchanged, if "".
フォント。例えば「クーリエ」。空白指定ならば不変。
Style (one of the following):
スタイル(以下のうちの1つ ):
0 ignored.
0 無視。
1 normal.
1 通常。
2 bold.
2 ボールド。
3 italic.
3 イタリック。
4 bold italic.
4 ボールドイタリック。
Size
Font size. Unchanged, if 0.
フォントサイズ。0 ならば不変。

/Font("Courier", 4, 10)
method sets Courier bold italic font with 10 pt.
クーリエ フォントを、ボールドイタリックで、10ptに設定。

* /Recode(RecodeFrom, RecodeTo)
/Recode(1252, 437)
method recodes the text from 1252 codepage to 437.
コードページを、1252 から 437 へリコード。

* /Insert("text", Esc-sequences)
"text"
Inserted text.
挿入するテキスト。
Esc-sequences:
0 - "text" isn't contain Esc-sequences (default).
0 - 「テキスト」はEscシーケンスではない(デフォルト)。
1 - "text" contain Esc-sequences.
1 - 「テキスト」はEscシーケンスを含む。

A set of sequences similar to the find/replace dialog in the program, and also:
プログラムの、そして、また、find/replaceダイアログに類似した一組のシーケンス:
"\s" - replaced by the selected text of the editing window;
"\s" - 選択されているテキスト;
"\|" - set the caret position after text insertion.
"\|" - テキスト挿入後にカーソル位置を設定。

/Insert("Some string")
method replaces selection with the specified text.
選択テキストを、指定テキストで置換。

/Insert("<B>\s</B>", 1)
method enclose selection.
選択テキストを囲む。

/Insert("\0032 0033", 1)
method replaces selection with "123".
選択テキストを「123」と置換。

Variables in methods:
変数:
%%f - active file
%%f - 編集中のファイル
%%d - directory of active file
%%d - 編集中ファイルのディレクトリ
%%a - AkelPad's directory
%%a - AkelPadのディレクトリ
%%%% - symbol %
%%%% - シンボル%
%system variable%
%システム変数%

Manual settings
マニュアル設定

Settings are saved in AkelPad.ini or in registry
設定は AkelPad.ini またはレジストリーに保存されます。
(HKEY_CURRENT_USER\Software\Akelsoft\AkelPad).

CmdLineBegin
Specifies code to be added to
the beginning of the command line before processing it.
コマンドラインを処理する前に、先頭に追加されるコードを指定。
(常に指定しておきたいオプションなどを指定する)
Example:
/C+
By default:
"".

CmdLineEnd
Specifies code to be added to
the end of the command line before processing it.
コマンドラインを処理する前に、末尾に追加されるコードを指定。
(常に指定しておきたいオプションなどを指定する)
Example:
/Call("Scripts::Main", 1, "InsertDate.js", "") /C /B /L
By default:
"".

ShowModify
Defines, where it will be possible to see,
that the document is changed.
文書が変更されたことを表示する方法。
Sets by the sum of members:
以下の合計値をセット:
* 1 - Display "Modified" in status bar.
* 1 - ステータス・バーに "Modified" と表示。
* 2 - Display asterisk * in main window title (SDI).
* 2 - ウィンドウタイトルにアスタリスク*を表示(SDI)。
* 4 - Display asterisk * in main window title and in frame window title (MDI/PMDI).
* 4 - ウィンドウタイトルとフレームウィンドウタイトルにアスタリスク*を表示(MDI/PMDI)。
* 8 - Display asterisk * in tab button name (MDI/PMDI).
* 8 - タブボタンにアスタリスク*を表示(MDI/PMDI)。
By default:
1+8=9,
show all:
1+2+4+8=15.

StatusPosType
Defines how status bar statistics will be displayed.
カーソル位置のステータスバー表示方式を定義。
Sets by the sum of members:
以下の合計値をセット:
* 1 - "Line:Column".By default:"Line:Symbol".
* 1 - 「行番号:カラム」。デフォルト:「行番号:シンボル」。
* 2 - Wrap line numbers.By default: Non-wrap line numbers.
* 2 - 折り返し行番号。デフォルト:折り返しを考慮しない行番号。
By default:
0.

WordBreak
Defines how the caret on Ctrl+Left/Ctrl+Right will move.
Ctrl+Left/Ctrl+Right のキー入力時のカーソル移動を定義。
Works only if enabled "Word delimiters" in settings (WordDelimitersEnable=1).
"Word delimiters" に (WordDelimitersEnable=1) が設定されている場合のみ動作。
Sets by the sum of members:
以下の合計値をセット:
* 1 - Left movement is stopped, when word start is found.
* 1 - 語の先頭で左向きの動きは停止。
* 2 - Left movement is stopped, when word end is found.
* 2 - 語の終端で左向きの動きは停止。
* 4 - Right movement is stopped, when word start is found.
* 4 - 語の先頭で右向きの動きは停止。
* 8 - Right movement is stopped, when word end is found.
* 8 - 語の終端で右向きの動きは停止。
* 16 - Movement is stopped, when spacing start is found. Cannot be combined with 64.
* 16 - 語の先頭で停止。64と併用不可。
* 32 - Movement is stopped, when spacing end is found. Cannot be combined with 128.
* 32 - 語の終端で停止。128と併用不可。
* 64 - Movement is continued, when spacing start is found. Cannot be combined with 16.
* 64 - 語の先頭で動作継続。16と併用不可。
* 128 - Movement is continued, when spacing end is found. Cannot be combined with 32.
* 128 - 語の終端で動作継続。32と併用不可。
* 256 - Movement is stopped, when new line is found.
* 256 - 次の行端で停止。
By default:
1+2+4+8+32+64=111 (AkelEdit), 1+8=9 (AkelPad).

MouseOptions
Defines mouse settings.
マウス設定を定義。
Sets by the sum of members:
以下の合計値をセット:
* 1 - GUI.
* 2 - GUI.
* 4 - GUI.
* 8 - GUI.
* 16 - Triple click and left margin click selects
only line contents without new line.
* 16-トリプルクリックか、左マージンクリックで、当該行を選択。
By default:
1+2+4=7.

PaintOptions
Defines, some text draw settings.
テキスト描画設定の定義。
Sets by the sum of members:
以下の合計値をセット:
* 1 - Paint text by group of characters
* 1 - 文字のグループによってテキストにペイント
(default is character by character).
(デフォルトは文字ごとに文字)。
With this flag some text recognition programs could start to work,
printer could print faster,
but highlighted symbols and combined unicode symbols can be drawn differently
and editing of whose characters may become uncomfortable.
このフラグによって、テキスト認識プログラムが動作し、プリンタはより速く印刷できるようになります。
しかし、強調された文字とユニコード文字は、意図しない描画がなされるかもしれません。
* 2 - Disable drawing new line selection as space character.
* 2 - 新規行の空白文字選択を不可とする。
* 4 - Draw new line selection to the right edge.
* 4 - 新規行選択を右端に描画。
* 8 - Hides the selection when the control loses the input focus.
* 8 - コントロールがフォーカスを失う時に、選択を隠す。
* 16 - Disables marker painting after last line.
* 16 - 最終行以降でマーカー描画を使用不可とする。
* 256 - Hides scroll bars instead of disabling them.
* 256 - 1画面に収まる場合、スクロールバーを隠す。
* 512 - Draw thin edit window border.
* 512 - 編集ウィンドウの境界線を細く描画。
* 1024 - Draw no edit window border.
* 1024 - 編集ウィンドウの境界線を描画しない。
By default:
0.

RichEditClass
Defines edit control class name:
編集コントロールクラス名を定義:
* 0 - "AkelEdit".
* 1 - "RichEdit20".
By default:
0.

StatusUserFormat
Defines user status bar format:
ステータス・バーの書式を定義:
* %ch
Current character hex code in lowercase.
カーソル位置の文字の小文字16進コード。
* %cH
Current character hex code in uppercase.
カーソル位置の文字の大文字16進コード。
* %cd
Current character decimal code.
カーソル位置の文字の10進コード。
* %cl
Current character letter.
カーソル位置の文字。
* %or
Offset in symbols (RichEdit).
オフセットのシンボル(RichEdit)。
* %ob
Offset in bytes.
オフセットのバイト数。
* %al
Count of lines in document.
文書の行数。
* %ar
Count of symbols in document (RichEdit).
文書の文字数(RichEdit)。
* %f
Font size.
フォントサイズ。
* %t
Tabulation size.
インデントサイズ。
* %m
Column marker size.
カラムマーカーサイズ。
* %setext
Text to appear when end of the document reached during search.
検索中、文書終端到達時にメッセージ表示。
* %r
Replace count after "Replace all".
「全置換」後に、置換件数を表示。
* %dc
Count of all documents (MDI/PMDI).
全文書数(MDI/PMDI)。
* %dm
Count of modified documents (MDI/PMDI).
更新済み文書数(MDI/PMDI)。
* %ds
Count of unmodified documents (MDI/PMDI).
未変更文書数(MDI/PMDI)。
* %di
Active document index (MDI/PMDI).
アクティブ文書インデックス(MDI/PMDI)。
* %%
Symbol %.
文字%。
* Tabulation
One tabulation aligns text to center,
second tabulation to right edge.
センタリング、右揃え。
Example:
"Font:%f Tab:%t Docs: %dm*/%dc Symbol:0x%ch"
By default:
"" - format is not defined,
additional status bar section is not displayed.
"" - フォーマットは定義されない。追加のステータス・バー表示はない。

DateInsertFormat
Defines insert date and time format.
挿入日付と時間フォーマットを定義。
Time:
* h
Hours with no leading zero for single-digit hours; 12-hour clock.
1桁の先行ゼロなし時間;12時制。
* hh
Hours with leading zero for single-digit hours; 12-hour clock.
1桁の先行ゼロあり時間;12時制。
* H
Hours with no leading zero for single-digit hours; 24-hour clock.
1桁の先行ゼロなし時間;24時制。
* HH
Hours with leading zero for single-digit hours; 24-hour clock.
1桁の先行ゼロあり時間;24時制。

* m
Minutes with no leading zero for single-digit minutes.
1桁の先行ゼロなし分。
* mm
Minutes with leading zero for single-digit minutes.
1桁の先行ゼロあり分。

* s
Seconds with no leading zero for single-digit seconds.
1桁の先行ゼロなし秒。
* ss
Seconds with leading zero for single-digit seconds.
1桁の先行ゼロあり秒。

* t
One character time-marker string, such as A or P.
1文字午前/午後表記。"A"と"P"。
* tt
Multicharacter time-marker string, such as AM or PM.
2文字午前/午後表記。"AM"と"PM"。

Date:
* d
Day of month as digits with no leading zero for single-digit days.
1桁の先行ゼロなし日。
* dd
Day of month as digits with leading zero for single-digit days.
1桁の先行ゼロあり日。
* ddd
Day of week as a three-letter abbreviation.
3文字略記の曜日名。
* dddd
Day of week as its full name.
フルネームの曜日名。

* M
Month as digits with no leading zero for single-digit months.
1桁の先行ゼロなし月。
* MM
Month as digits with leading zero for single-digit months.
1桁の先行ゼロあり月。
* MMM
Month as a three-letter abbreviation.
3文字略記の月名。
* MMMM
Month as its full name.
フルネームの月名。

* y
Year as last two digits, but with no leading zero for years less than 10.
1桁の先行ゼロなし年2桁表示。
* yy
Year as last two digits, but with leading zero for years less than 10.
1桁の先行ゼロあり年2桁表示。
* yyyy
Year represented by full four digits.
年4桁表示。

* gg
Period/era string.
期間/時代文字列。

Example:
"H:mm:ss dd MMMM yyyy" -> "12:50:24 01 September 2010"
By default:
"" - program defined date and time format.
"" - システム定義の日付時間フォーマット。

DateLogFormat
Defines date and time format for files containing ".LOG" at the beginning.
".LOG" ファイル編集時に、冒頭に格納する日付/時間フォーマット。
Works only if enabled "Insert date if file has .LOG at the beginning"
in settings (DateLog=1).
"Insert date if file has .LOG at the beginning" が(DateLog=1)に
設定されている場合のみ有効。
See DateInsertFormat for syntax description.
シンタックスは、DateInsertFormat と同じ。
By default:
"" - program defined date and time format.
"" - システム定義の日付時間フォーマット。

Keyboard commands
キーボードコマンド

Ctrl+X
Shift+Del
cut
切り取り
Ctrl+C
Ctrl+Ins
copy
コピー
Ctrl+V
Shift+Ins
paste
貼り付け
Ctrl+Shift+V
Ctrl+Shift+Ins
paste text as ANSI
ansi テキストとして貼り付け
Alt+V
paste to column selection
カラム選択貼り付け
Ctrl+A
select all
全て選択
Backspace
delete from left
カーソルの左の文字削除
Del
delete from right
カーソルの右の文字削除

Ctrl+Z
undo
アンドゥ
Ctrl+Shift+Z
redo
リドゥ
Home
go to start of line
先頭行へ移動
End
go to end of line
最終行へ移動
Ctrl+Home
go to start of text
文頭へ移動
Ctrl+End
go to end of text
文末へ移動
Ctrl+Left
go to start of word
語の先頭へ移動
Ctrl+Right
go to end of word
語の末尾へ移動
Ctrl+Up
go to start of previous line
画面上端へ移動
Ctrl+Down
go to start of next line
画面下端へ移動
Ctrl+PageUp
go to first visible character
一画面スクロールアップ
Ctrl+PageDown
go to last visible character
一画面スクロールダウン
Ctrl+Backspace
delete left word
カーソルの左の語を削除
Ctrl+Del
delete right word
カーソルの右の語を削除
Ctrl+N
create new file
新規行作成
Ctrl+Shift+N
create new window
新規ファイル作成(sdi だと別窓が開く)
Ctrl+O
open file
既存のファイルを開く
F5
Ctrl+Shift+O
reopen file
ファイルを開きなおす(専門用語で言うところの「開き直り」だ)
F2
Ctrl+S
save
保存
Shift+F2
Ctrl+Shift+S
save as
名前をつけて保存
Ctrl+Alt+F2
save all
全て保存
Ctrl+Alt+F4
close all
全て閉じる
Ctrl+P
print
印刷
Esc
Alt+F4
exit
終了
Ctrl+F
find
検索
F3
find next down.
次の検索
Search/replace dialog:
検索/置換画面の場合:
close dialog and find next down.
検索/置換画面を閉じ、次の検索位置へ移動
Shift+F3
find next up.
文頭に向かっての次の検索
Search/replace dialog:
検索/置換画面の場合:
close dialog and find next up.
検索/置換画面を閉じ、文頭に向かっての次の検索位置へ移動
Ctrl+R
Ctrl+H
find and replace
検索置換
Ctrl+G
go to line (by number)
指定行番号へ移動
Ctrl+I
run "Character map"
文字コード表を表示
Ctrl+D
insert date
指定フォーマットで日時を挿入
Ctrl+T
on/off "Always on top"
常時最前面表示をトグル切り替え
Ctrl+U
on/off "Word wrap"
折り返し表示をトグル切り替え
Alt+W
reopen file as ANSI (Windows)
ansi でファイルを再読み込み
Alt+D
reopen file as OEM (DOS)
oem でファイルを再読み込み
Alt+K
reopen file as KOI8-R
koi8-r でファイルを再読み込み
Alt+L
reopen file as UTF-16LE
utf-16le でファイルを再読み込み
Alt+B
reopen file as UTF-16BE
utf-16be でファイルを再読み込み
Alt+U
reopen file as UTF-8
utf-8 でファイルを再読み込み
Shift+Alt+W
save file as ANSI (Windows)
ansi でファイルを保存
Shift+Alt+D
save file as OEM (DOS)
oem でファイルを保存
Shift+Alt+K
save file as KOI8-R
koi8-r でファイルを保存
Shift+Alt+L
save file as UTF-16LE
utf-16le でファイルを保存
Shift+Alt+B
save file as UTF-16BE
utf-16be でファイルを保存
Shift+Alt+U
save file as UTF-8
utf-8 でファイルを保存
Alt+F5
reopen file with code page detect
コードページを削除して、ファイルを再読み込み
F12
show context menu for fast reopenning/saving in wanted code page
コードページ指定の再読み込み/保存メニュー表示
Alt+R
recode text
リコード
Shift+Backspace
delete first char
先頭文字削除
Alt+Backspace
trim trailing whitespaces
空白文字削除
Alt+P
plugins
プラグイン設定
Ctrl+F5
execute command
コマンド実行
Ctrl+L
on/off "Keep left spaces"
左空白文字削除のトグル設定
Ctrl+Enter
new line with keeping left spaces
左空白文字を維持して、新規行作成
F4
Alt+Enter
maximize/restore window
ウィンドウ最大化
F8
Ctrl+Y
delete current line
1行削除
Ctrl+Num +
increase font by 1 pt
フォントを1ポイント拡大
Ctrl+Num -
decrease font by 1 pt
フォントを1ポイント縮小
Ctrl+5
change case in loop
大文字小文字変換
Ctrl+6
selected text, as "UPPERCASE"
選択文字を大文字にする
Ctrl+7
selected text, as "lowercase"
選択文字を小文字にする
Ctrl+8
selected text, as "Sentence case."
選択文字列の先頭のみ大文字に、残りを小文字にする
Ctrl+9
selected text, as "Title Case"
選択文字列の語頭のみ大文字に、残りを小文字にする
Ctrl+0
selected text, as "iNVERT cASE"
選択文字列の語頭のみ小文字に、残りを大文字にする
F6
go to next dialog
次の画面へ
Shift+F6
go to previous dialog
前の画面へ
F9
activate next pane (split window)
ウィンドウ分割時に、次の領域へ
Shift+F9
activate previous pane (split window)
ウィンドウ分割時に、前の領域へ
F10
select window dialog (MDI/PMDI)
マルチウィンドウモードで、ウィンドウ選択ダイアログを表示
Ctrl+Tab
Ctrl+F6
next window (MDI/PMDI)
マルチウィンドウモードで、次のウィンドウ
Ctrl+Shift+Tab
Ctrl+Shift+F6
previous window (MDI/PMDI)
マルチウィンドウモードで、前のウィンドウ
Ctrl+F4
Ctrl+W
close window (MDI/PMDI)
マルチウィンドウモードで、ウィンドウを閉じる

Internal commands
内部コマンド

Can be used in command line parameters
and also in ContextMenu, ToolBar, Hotkeys, Scripts plugins.
コマンドラインパラメータ、コンテキストメニュー、ツールバー、ホットキー、スクリプトプラグインで利用可能です。

4101 Create new edit window
新規編集ウィンドウの作成
4102 Create new instance of program
プログラムを別途起動
4103 Open file dialog
"ファイルを開く"ダイアログ
4104 Reopen file
ファイルを再読み込み
4105 Save file
ファイル保存
4106 Save file dialog
"ファイルを保存"ダイアログ
4107 Print setup dialog
印刷セットアップダイアログ
4108 Print dialog
印刷ダイアログ
4109 Exit program
プログラム終了
4110 Save all documents
すべての文書を保存
4111 Save all as dialog
すべて保存ダイアログ
4113 Print without dialog
ダイアログなしで印刷
4114 Print preview dialog
印刷プレビューダイアログ
4121 Redetect code page of the current file
現在のファイルのコードページを再検出
4122 Reopen file as ANSI
ANSIとしてファイルを再読み込み
4123 Reopen file as OEM
OEMとしてファイルを再読み込み
4124 Reopen file as KOI-R
KOI-Rとしてファイルを再読み込み
4125 Reopen file as UTF16LE
UTF16LEとしてファイルを再読み込み
4126 Reopen file as UTF16BE
UTF16BEとしてファイルを再読み込み
4127 Reopen file as UTF8
UTF8としてファイルを再読み込み
4131 Save file as ANSI
ANSIとしてファイルを保存
4132 Save file as OEM
OEMとしてファイルを保存
4133 Save file as KOI-R
KOI-Rとしてファイルを保存
4134 Save file as UTF16LE
UTF16LEとしてファイルを保存
4135 Save file as UTF16BE
UTF16BEとしてファイルを保存
4136 Save file as UTF8
UTF8としてファイルを保存
4137 Save file as UTF8 without BOM
BOMなしでUTF8としてファイルを保存
4140 Show codepages context menu
コードページ表示コンテキストメニュー
4151 Undo last operation
アンドゥ
4152 Redo last operation
リドゥ
4153 Cut
切り取り
4154 Copy
コピー
4155 Paste
ペースト
4156 Delete
削除
4157 Select all
すべて選択
4158 Find dialog
検索ダイアログ
4159 Find last string down
順行検索
4160 Find last string up
逆行検索
4161 Replace dialog
置換ダイアログ
4162 Go to line dialog
指定行移動ダイアログ
4163 Run charmap.exe
文字コード表を表示
4164 Insert tabulation
インデント挿入
4165 Insert tabulation only if several lines selected
行選択時は、インデント挿入
4166 Delete tabulation
インデント削除
4167 Delete tabulation only if several lines selected
行選択時は、インデント削除
4168 Insert space
空白文字挿入
4169 Insert space only if several lines selected
行選択時は、空白文字挿入
4170 Delete space
空白文字削除
4171 Delete space only if several lines selected
行選択時は、空白文字削除
4172 Delete first char
先頭文字削除
4173 Delete first char only if selection not empty
先頭の空白でない文字を削除
4174 Delete trailing whitespaces
行末空白文字を削除
4175 Convert text to "UPPERCASE"
文字列を大文字にする
4176 Convert text to "lowercase"
文字列を小文字にする
4177 Convert text to "Sentence case."
文字列を先頭のみ大文字に、残りを小文字にする
4178 Convert text to "Title Case"
文字列を語頭のみ大文字に、残りを小文字にする
4179 Convert text to "iNVERT cASE"
文字列を語頭のみ小文字に、残りを大文字にする
4180 Cycle case
大文字小文字変換
4182 Recode dialog
リコードダイアログ
4183 Insert date
日付を挿入
4184 Windows new line format
Windows 改行コード
4185 Unix new line format
Unix 改行コード
4186 Mac new line format
Mac 改行コード
4190 Insert/Overtype mode
挿入 / 上書きモード
4191 Paste as ANSI text
ANSIテキストとして貼付け
4192 Paste to column selection
カラム選択に貼付け
4193 Paste text after caret
カーソル後にテキストを貼付け
4196 Insert new line with keeping left spaces
行頭空白文字を維持して、新規行挿入
4197 Delete current line
現在行削除
4201 Font dialog
フォントダイアログ
4202 Color theme dialog
カラーテーマダイアログ
4204 Increase font 1pt
フォント1pt拡大
4205 Decrease font 1pt
フォント1pt縮小
4206 Restore font size
フォントサイズ復帰
4209 Word wrap (on\off)
行折り返し
4210 Always on top (on\off)
常時最前面表示(on\off)
4211 Show statusbar (on\off)
ステータスバー表示(on\off)
4212 Split window into four panes
ウィンドウ分割(上下左右)
4213 Split window into two vertical panes
ウィンドウ分割(上下)
4214 Split window into two horizontal panes
ウィンドウ分割(左右)
4216 Read only (on\off)
書込み禁止(on\off)
4251 Execute command
コマンド実行
4252 Save file time (on\off)
ファイルタイム保存(on\off)
4253 Watch file change (on\off)
ファイル変更監視(on\off)
4254 Keep space (on\off)
空白保持(on\off)
4255 Single open file (on\off)
単一ファイル(on\off)
4256 Single open program (on\off)
単一プログラム(on\off)
4259 Plugins dialog
プラグイン ダイアログ
4260 Options dialog
オプション ダイアログ
4261 SDI mode
SDI モード
4262 MDI mode
MDI モード
4263 Pseudo MDI mode
擬似 MDI モード
4301 Tab list window at the top of the main window
タブリストをウィンドウ上部に表示
4302 Tab list window at the bottom of the main window
タブリストをウィンドウ下部に表示
4303 Hide tab list
タブリスト非表示
4304 Standard tab list style
通常タブリスト
4305 Buttons tab list style
ボタンタブリスト
4306 Flat buttons tab list style
フラットボタンタブリスト
4307 MDI windows - horizontal tile
MDIウィンドウ-水平表示
4308 MDI windows - vertical tile
MDIウィンドウ-垂直表示
4309 MDI windows - cascade
MDIウィンドウ-カスケード表示
4310 Switch tabs: next-previous.
表示履歴のタブ切り替え。
4311 Switch tabs: right-left.
左右のタブ切り替え。
4316 Activate next tab
次のタブに移動
4317 Activate previous tab
前のタブに移動
4318 Close current tab
現在のタブを閉じる
4319 Close all tabs
すべてのタブを閉じる
4320 Close all tabs but active
すべてのアクティヴタブを閉じる
4321 Close all unmodified tabs
すべての未変更タブを閉じる
4324 Close file
ファイルを閉じる
4325 Close file and exit program (SDI) or close tab of a file (MDI/PMDI).
ファイルを閉じて終了(SDI)またはタブを閉じる(MDI/PMDI)。
4327 Select window dialog (MDI/PMDI). Same as 10019.
ウィンドウダイアログ(MDI/PMDI)。10019と同じ。
4331 Restore/Maximize main window
メインウィンドウを復元 / 最大化
4332 Activate next dialog window
次のダイアログウィンドウに移動
4333 Activate previous dialog window
前のダイアログウィンドウに移動
4341 Activate next pane (split window)
次の枠に移動(ウィンドウ分割時)
4342 Activate previous pane (split window)
前の枠に移動(ウィンドウ分割時)
4351 About dialog
アバウト ダイアログ
4352 Open user's manual
ユーザー マニュアル
5001 Delete dead recent files
存在しない最近のファイル履歴を削除
5001 + n Open recent file n
n 個の存在しない最近のファイル履歴を削除
6001 Activate internal language
言語設定を有効化
6001 + n Activate language n
n 個の言語設定を有効化
7001 Reopen file in first codepage of codepage list
コードページリスト先頭のファイルを再読み込み
7001 + n Reopen file in codepage n of codepage list
コードページリスト n 個目のファイルを再読み込み
8001 Save file in first codepage of codepage list
ファイルをコードページリストの先頭に保存
8001 + n Save file in codepage n of codepage list
ファイルをコードページリストの n 個目に保存
10019 Select window dialog (MDI/PMDI). Same as 4327.
ウィンドウダイアログ(MDI/PMDI)。4327と同じ。

License
ライセンス

This program is distributed under "BSD license" conditions.
このプログラムは「BSDライセンス」条件のもとで配布されます。
BSD license is open source license approved by OSI.
BSDライセンスは、OSIにより承認されたオープンソースライセンスです。
It can be found on their site.
詳細はサイトを参照してください。

Contributors
貢献者

Shengalts Aleksander (e-mail: shengalts@mail.ru)
Kuznetsov Alexey
http://akelpad.sf.net