NTTデータプレスリリース(2009/06/11)

日本語

英語

TOMOYO Linuxメインライン化記念勉強会、あるいは第97回カーネル読書会、第7回まっちゃ445勉強会と懇親会について

2005年11月にSourceForge.jp上で最初のバージョンを公開して以来、多くの方々のご支援、ご協力をいただきました。2009年6月末頃には、version 2.6.30として念願であったメインライン化を達成できる予定であり、それをひとつの区切りとして、勉強会と懇親会を開催することにしました。

勉強会は、YLUGカーネル読書会、セキュアOSユーザ会、まっちゃ445合同勉強会との協賛で、第97回カーネル読書会であると同時に第7回まっちゃ445勉強会でもあります。勉強会のみ、あるいは懇親会のみの参加も可能ですので、多くの方々のご参加をお待ちしています。

勉強会の会場について、日本SGI様よりご提供いただきました。日本SGI様に感謝致します。 img_logo.gif

プログラム

3726064221_9c4c28c14a.jpg

第一部 勉強会(第97回カーネル読書会|第7回まっちゃ445勉強会)

20090613175214.jpg 3690097290_f2eb1b1171.jpg 3690100922_21db69ed00.jpg

YLUGカーネル読書会、セキュアOSユーザ会、まっちゃ445合同勉強会との協賛です。

主 催TOMOYO Linuxプロジェクト
協 賛YLUGカーネル読書会、セキュアOSユーザ会、まっちゃ445合同勉強会
日 時2009年7月3日(金)16:00-19:00
場 所日本SGI株式会社 SGIホール(恵比寿ガーデンプレイスタワーB1F)
http://www.sgi.co.jp/company_info/map1.html
JR恵比寿駅から「恵比寿ガーデンプレイスタワービル」に移動してください。ビルの住所は、〒153-0013 東京都渋谷区恵比寿4-20-3で、JR恵比寿駅東口から動く通路「恵比寿スカイウォーク」で約5分です。日本SGIホールはビルの地下1階になります。
会場の使用をご快諾いただきました日本SGI様に感謝します。
費 用無料

スケジュール

16:00-16:30★★★開会あいさつ★★★
司会者自己紹介、協賛紹介
「全国で開催されているセキュリティ勉強会紹介」20090703-tomoyo-thankyou-maccha-1.pdf20090703-tomoyo-thankyou-maccha-2.pdf
まっちゃだいふくさん
3690096810_c6d0a7ee1a_m.jpg
16:30-17:00★★★基調講演★★★
「TOMOYOで学ぶkernel watchの秘密 - どうやってマージ間近のパッチを見つけているのか -」20090703-tomoyo-thankyou-kosaki.pdf
【ニコニコ動画】
小崎さん
3726520622_bc8f2b7d2d_m.jpg
17:00-17:30★★★TOMOYO Linuxプロジェクトから★★★
「メインライン化のご報告」20090703-tomoyo-thankyou-harada.pdf
【ニコニコ動画】
TOMOYO Linuxプロジェクト
(原田、半田、武田、沼口)
3726862468_10585673eb_m.jpg
17:30-18:00★★★version 2.6.30マージ記念講演★★★
【ニコニコ動画】
「NILFSのメインライン化について」20090703-tomoyo-thankyou-konishi.pdf小西さん
3726521202_f63055dc4f_m.jpg
「2.6.30でこっそり入ったLIM/IMAって何?」20090703-tomoyo-thankyou-munetou.pdfむねさん
3725714339_837e0cf734_m.jpg
18:00-18:40★★★勉強会協賛各団体から★★★
【ニコニコ動画】]
「強敵よ!~SELinuxとの比較~」20090703-tomoyo-thankyou-kaigai.pdf海外さん
3725714955_be3028502a_m.jpg
「YLUGカーネル読書会とTOMOYO Linux」20090703-tomoyo-thankyou-yoshioka.pdfよしおかさん
3726060823_fa48f7c61c_m.jpg
18:40-19:00★★★懇親会会場へ移動★★★

動画 (thanks to 吉田@板橋さん)

http://zoome.jp/koedoyoshida/diary/5/

『勉強会』の申し込みはこちら(懇親会の申し込みは別ですのでご注意ください)

http://atnd.org/events/791

第二部 懇親会

3726528568_73ed840190.jpg 3726068453_3406116316.jpg 3734879424_9a9c268d47.jpg

主 催NTTデータ TOMOYO Linuxプロジェクト
日 時2009年7月3日(金)19:00-21:00
場 所「ライオン」恵比寿ガーデンプレイス店(勉強会会場から徒歩1分弱)
電話: 03-5424-1271, http://r.gnavi.co.jp/g112600/
勉強会会場と同じ「恵比寿ガーデンプレイスタワービル」の地下2階です。
形 式立食パーティ形式
費 用無料(下記注意をご参照ください)
司 会吉岡 弘隆(よしおか ひろたか) 様(独立行政法人情報処理推進機構、日本OSS推進フォーラム ステアリングコミッティ委員、YLUGカーネル読書会主催、)

『懇親会』の申し込みはこちら(勉強会の申し込みは別ですのでご注意ください)

http://utage.org/enkai/ (「宴会コード」を聞かれるので、"ThanksFromTomoyo"を入力ください)

参加費用について

本懇親会の費用は、お世話になりました皆様への感謝のしるしとして、TOMOYO Linuxプロジェクトにて負担させていただきますが、参加者人数等の状況によっては、若干額のご協力をお願いすることになるかもしれません。また、費用支払いの処理上、参加者の方々の「氏名(必須)」、「会社名と役職(該当する場合)」について、当日ご記入をお願い致します(それらの情報はあくまで本懇親会の費用の支払いおよび精算のためにのみ用い、他の目的には一切用いません)。どうぞあらかじめご了承ください。なお、事情により記入できない方は、当日幹事にご相談ください。

定員について

ライオン恵比寿店さんの一番広い個室(定員100名)を予約しています。つめれば120名くらいまで入室できますが、それを超えた場合には、一般の座席にお座りいただく形になります。あらかじめご了承ください。お店自体は、約200名まで入れます。

当日の参加について

事前に予定がわからない、あるいは当日になって参加が可能になった方のために、事前に申し込みをしていない方の参加も受け付けたいと思っていますが、会場定員等により入場できなくなる場合も考えられます。どうぞあらかじめご了承ください。

参加条件

勉強会、懇親会とも特にありません。

  • OSSの開発、メインライン化に興味がある方
  • OSSのコミュニティに興味がある方
  • その他(笑)

など、多くの方々のご参加をお待ちしています。是非一緒に楽しい時間を過ごしましょう!

是非とも参加いただきたい方々

  • 「あのとき」のCE Linux Japan Technical Jamboree「あのとき」のYLUGに居合わせた方々
  • SourceForge.jpおよびOSDNのスタッフの方々(メールで案内を送らせていただきました)
  • TOMOYO Linuxの過去、現在、未来のユーザの方々
  • これまでTOMOYO Linuxについて紹介いただいたメディアの方々
  • TOMOYO Linuxの講演、デモに足を運んでいただいた方々
  • Linux板TOMOYOスレの方々(特に、デムパゆんゆん様)
  • TOMOYO Linuxをメインラインに送り出しただけでなく、懇親会まで開催する太っ腹な某社の方々
  • この案内を読んでいるあなた!

TOMOYO Linuxメインライン化のあゆみ

Patch投稿履歴

15回の提案について、議論のスレッドをたどれます。

Ottawa Linux Symposium 2008のBoFで、AppArmor, SmackとTOMOYOの議論の状況を可視化?しました。

記事

Blog

講演資料

以下の2つの資料を読むと、TOMOYO Linuxプロジェクトの発足からメインライン化直前までのあゆみがわかります。

(1) プロジェクト発足からOSS公開まで (2003.3 ~ 2005.11.11)

「TOMOYO Linuxへの道」(VA Linux Kernel Conference 2005講演資料)

(2) メインライン化へ挑戦を決意した経緯と主な取り組み (~ 2007.7)

"Realities of Mainliing - Case of the TOMOYO Linux Project"(Linux Foundation Japan #8 Symposium講演)(資料|動画)

はてなキーワード

下記を開くと、これまでの主要対応イベントと使用した資料が参照できます。(はてなさん、ありがとうございます!)

記事

イベントについて書かれた記事です。とりあげていただきありがとうございます。

本ページ記載内容に関する連絡先

haradats at nttdata.co.jp までお願いします。